講習会{尚武館・埼玉武蔵会}

昇段審査に失敗したり、大会で斬り損じを絶えずしたりしています。肝心なところでの失敗。これは天性の性格にもよるそうです、(一見冷静そう実はいいかげん)そうではない!と思いたくて

これは練習不足と場慣れ不足かと思い、支部の練習だけではなく、よその道場にお邪魔して武者修行をしようと、講習会に参加させていただきました。

この前々日は仲秋の名月、雲間にちらちら、自分を表しているようだと思いました。

さて、会場の尚武館は埼玉県にあります。こちらでは色々な武道を学ぶことが出来るそうです。今回は武蔵会との合同で開催されます。

会員の車に乗せてもらい、一路会場へ。尚武館道場は閑静な住宅街の中にあり、二階建てです。今回の会場は二階でした。床が畳で足当たりがやわらかです。

10時より講習会が始まりました。午前中は座学です。珍しく形10本ではなく教本の前文に書かれている綱領から入りました。刀法解説も細かに説明があり知ってたようでいい加減にしていた部分の再確認ができました。(足は少々痺れましたが)

さて、昼食を挟んで、午後から木刀を使っての形10本の理合いの確認、続いて仮標に向かい実技研修です。筆者は失敗している7本目、先生にあれやこれやとご指導を受け、あれ!できた。これか。と次の形へ

結論、筆者はやはり土壇場で慌てるようです。それが斬りにそっくり出るようです。何か性格の再確認をしに行ったようで、さて、この先どうするか?

午後3時まで講習会は続き、終了しました。蒸し暑い中ご指導いただきました、先生方、準備頂いた方々ありがとうございました。