秋の稽古日

20日の空です。上空に海があるようです

本日は台風17号の影響で朝から曇っているのに、ムシムシとした日でした。今日の仮標の臭いこと。4日間水に漬けておいたものですが、一番暑い頃より凄まじいものでした。

抜刀を志してから何年たってもこの悪臭には慣れません。こんなに臭いのにそこそこ硬かったので、全くもうと思いつつの練習です。

今日は連盟より会報が届いていました。数カ月に一度発行されます。今回は筆者が失敗した時の昇段審査の結果報告もあり、ズキッとしたりしました。

さて、本日も全国大会で行う組太刀の練習からスタートしました。そろそろ雰囲気もにじみ始め仕上げ段階のようです。あとは紋付袴の正装になれば、何とかなるかと。

組太刀では日頃 形6本目の(左袈裟・胴)で行う右胴を斬りぬく技、の反対の左胴を斬りぬくという技があります。日常のわざと反対の動きであるため、最初はとてもやりにくいものです。それも拝見していても違和感を覚えなくなりました。

組太刀の左胴の斬り終わり

 

何時もの右胴の斬り終わり

抜刀では仮標は人であり、斬る人間に対して正対しているという設定です。左胴は相手の左側の胴を斬るということ。右胴も同じことです。教本を読むとき最初に筆者は右と左がさかさまになったことを思い出しました。

それが今では偉そうに人の判定などをしています。この頃なんだかんだと考えることが増えていますが、そうかあの頃に比べれば、随分と進歩したものだと思うことに致しました。日々精進でしょうか。