確認してください

来週10月22日と再来週10月29日の木曜日は小学校が使用できないために休会します。なお25日の日曜日は公会堂で練習があります。11月19日の木曜日も小学校が使用できません。お間違いの無いようにお願いします。

来年への布石

IMG_0048

今年の川崎支部は制定刀法の実技はそれなりに頑張れましたが、若い人が多いため、また歳は若くなくても剣暦が若いため形のほうは他の会の方々にくらべまだまだという結果でした。やはり斬るばかりではなく総合的な訓練が必要なようです。筆者も含めて先生に新たな課題を頂戴いたしました。そうです来年への布石です。

大会が終わった日曜日

IMG_0047IMG_0020IMG_0034

大会も終了した最初の日曜日です。朝からとてもよいお天気でスポ-ツ日和です。なんとなくゆったりした気分で練習に臨みます。先生方も我々ひよこ達も大会のあれこれを語り合いました。巻き藁を並べてこんな太いのは斬りにくいのやれ細すぎるの、太い巻き藁にあえて挑戦したり、他流試合に出かけるひとは其の特訓をしたり。色々な日曜日です。

IMG_0044IMG_0046

いつもなら稽古着を忘れてきたら練習には参加させていただけないのですが、今日は特別にお許しが出て帯だけをつけての練習です。まあ失敗することもありますよね。

結果です

IMG_0061IMG_0053IMG_0027IMG_0016

川崎支部は今年は経験の浅い会員たちが活躍しました。情けないことに我々古手がばたばたと倒れる中、新人さんたちが素直に戦ってよい成績を上げました。団体で川崎Cチ-ムが三位に入り、個人戦でも二位と三位に入りました。表彰式の後の記念撮影です。

IMG_0063

そして大会後の恒例のおすし屋さんでの打ち上げです。勝利を挙げた新人チ-ム川崎Cは喜びを、我々敗残の古手は反省をしたつもりです。来年こそがんばるぞ!!

今回筆者は初めて、4.5段の部に参加させていただきました。覚悟はしていきましたがその技術の高さ、醸し出される雰囲気の重さに圧倒されました。やはり長い間修練された方々は違う物だと思い知らされた大会でした。沢山の先生方に日頃気づいていない点についてご指摘を戴き大変勉強いたしました。(日頃川崎の先生方にもご指導を受けていたのに体現できなかったことが多かったですが)やはり緊張の中での経験は新たな発見が多く、来年の大会を目指すための問題点を見つけることができました。有難うございました。

大会模様

IMG_0004IMG_0007IMG_0012

今年は川崎は選手は9名参加です。審判団に5人の先生すべて加わっての大会です。例年のごとく、まずは刀剣検査です。これは大会の安全を守るために不可欠な検査です。検査が終わり出場資格ができたところで、着替えをします。どんどん盛り上がってきます。開会式で先生方の話を聞いたあと、露払いです。大切な儀式です。さあ、いよいよ競技開始です。

第18回抜刀道全国大会です

IMG_0060IMG_0005IMG_0001
IMG_0006

いよいよ一年も集大成の抜刀道大会当日です。刀剣のお店や茨城のお土産店まで出て、全国大会だなあ!と盛り上がります。と同時に緊張も走ります。(注!!!集合写真は大会終了後撮影のため緩んでいます)