緊張と弛緩

本日は会員が沢山集まり盛会でした。まず全員で準備運動をおこないます。

先生方は紋付です。そうです今日は初段の審査会です。受審者は二人です。

審査を受けられた方々の姿です。二人とも合格されました。次の映像は実技終了直後の姿です。緊張するということは大変です、しかし其の緊張が終わった瞬間の開放感、これも又審査会の楽しみでもあるように思えますが、この非日常的な感覚が好きだというのはおかしいのかな、などと思った日曜日でした。合格おめでとうございました。