夏休み明けの再びお得な日

暑い日です。朝からぎらぎらと太陽が照りつけ、12時からの稽古はなかなか根性が要ります。しかしこんな日に練習に参加した人にはお得な事がついてきます、先生が青竹を持ってきてくださいました。練習前に竹を斬ってみました。藁とは違って手ごたえがガツンと有ります。硬い硬いと思って思わず力が入ってしまった筆者は久しぶりに床に剣先を刺してしまうという失態を演じてしまいました。お休みしなかった会員にはとてもお得な体験でした。(面白かったよ)

夏休みの間に

今年の川崎支部の夏休みは例年より短めです。8月22日までお休みです。いつも練習会場としている小学校も人気がありません。公会堂で休み前の練習風景です

さて夏休みに入り、さしあたってすることの無い筆者は久しぶりに鶴見の総持寺の近くにある着物のリサイクル店に出かけていきました。練習用の帯の材料を探しにです。抜刀には居合い用の帯を使用しますが少々こだわりの有る筆者は材質・柄を選びます。刀の抜き差し、鞘引き時に滑りやすくまた緩まないものが好みです。柄はまあ筆者の好みそのものです。今回は半幅帯と夏物の袋帯を2枚購入してきました。1500円です。(安い!)買ってきたものをクリ-ニング屋さん専用の洗剤でジャブジャブ洗います。それから仕上がり帯幅約8センチに裁断します。後はミシンで縫うだけ。ただし厚手の物は手縫いします。今回はブル-のものはミシンで、お気に入りの紫はこだわりの手縫いです。三本もできてしまいました。休み明けの練習で使いましょう。うふふふ!