稽古納め

今日は12月25日クリスマスです。が刀おたくの集団の川崎支部は稽古に余念がありません。年内練習最終日です。久しぶりに看板も出してみました。今年一年の其々の目標は到達できたか、などと確認しながら夕方まで刀を振りました。筆者は10本目の目標結局到達せずで年越しになりました。来年の楽しみを残したと言うことにします。剣友の皆さんありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。良いお年をお迎えください。

皆既月食を見ながら

今晩は皆既月食です。

この頃練習で斬り損ないが増えました。六本目の胴を斬れば、切れないか台ががたがた動きます。切り上げなどは藁に刀が食い込んで動かなくなったり、振り方なのか、ふりはじめ位置のずれなのか、はてまた歳のせいによる筋力の低下の為かなどと悩んでいました。見るに見かねて先生の指導が入りました。

皆さん!!勿論技量の所為でもありましたが、刀が斬れなくなっていたのです。大変恥ずかしながら、手入れの悪さを指摘されてしまいました。ただただ反省。弘法は筆をえらびます。そこで皆既月食を撮影しながら、刀を研ぐことにしました。少々暗い図ですが。反省しながら、砥石にむかっていました。 くらああ~~~

お久しぶりです

半年振りに会員N氏がこられました。仕事の関係でなかなか練習日とあわず。なんと半年振りになってしまいました。

久しぶりの割りに形は何とか覚えておられ、ビデオをみつつ家中の家具に傷をつけ家族の顰蹙にあいつつ今日に備えたそうですが、それほど甘くなく手の内・足捌きすべて最初から。藁を切っては刀を曲げ先生に直してもらいます。全員が通った道。めげずに続けましょう。先輩の勇姿も載せました。励みになるか?見てください

新刀斬り初め

大会で美濃熊さんから購入した刀を持って、会員I君がやってきました。又、自分で色々拘った刀を持って、M先生が練習に参加されました。二人ともなにやら嬉しそうです。

いよいよ斬るのです。昔筆者は斬り初めで曲げたのです。流石にお二人はそんなことはせず本当に良く斬れていました。刀か腕か??斬り終わったら、斬り位置が刀身にくっきり残ります。やはり新刀は良いですね。唐突に現れた柿、本日会員で山分けしました。初冬です。

新しい刀

 

支部会員の新しいお宝です。先日の全国大会で美濃熊刀剣さんから購入しました。抜刀を始め三年、社会人になって刀を買いました。自分の刀です。筆者も最初は会の刀を使わせていただき、刃筋が立ち、きちんと斬れる様になり、刀を曲げないようになってから購入しました。嬉しかったですね。この刀は目釘がひとつ、茎(なかご)に銘があります。波紋もまだ切っていないので美しく出ています。さて、何時の練習から使用するのでしょう。

徒然なるままに

一大イベントの全国大会も終了し、日曜日の練習も無いし、で、ぼうっとしている休日です。仕方が無いので以前から溜めていた帯作りを再開することにしました。今回は同時に5本縫っています。縫い物をしながらあれやこれやと自分の技を分析します。

一番左端は扇面模様で二本あります。次の白地は筆者用です。その次は濃い翠の模様です。最後の青はしっかりした地で織りです。何となく縫っています。徒然ですから。

 

 

健闘!!残念?

いよいよ大会当日です。例年のごとく入り口で大会の文字が迎えてくれます。今年も沢山の参加者です。会長の露払い・模範演武・組立ち(川崎支部の先生二人)後戦いの開始です。

川崎支部は二チーム出場しました。共に準決勝で破れ、両チームとも三位でした。川崎同士で決勝戦を戦いたいと言う夢は今年もかないませんでした。が来年に希望を残す結果になりました。川崎支部ファイト!!!

大会前夜祭

高段者審査会を終了して、翌日の大会準備を済ませ、宿泊先に移動しました。鹿嶋アントラーズのスタジアムを見つつ移動です。夕方からは大会前夜祭がひらかれ、日頃紋付袴の重々しい先生方の素顔というか実態を拝見させていただき、ほっとした筆者です。

 

高段者審査会

一年に一度の全国大会、前日行われる高段者審査会です。六段以上が対象です。今年は川崎支部の先生も挑戦です。自分が受審するより緊張して正視することができませんでした。見事八段合格されました。祝!祝!