良いお年をお迎えください

今日は12月23日です。天皇誕生日、世の中はクリスマスの前哨戦で盛り上がっている日曜日です。川崎支部の今年の最終練習日です。会場の都合で練習は午後3時からです。

最初の一枚は前回のホームページに載らなかった会員の手の内です。追加です。

今年は川崎支部念願の全国大会団体優勝を戴きました。個人戦は完敗でしたので各自反省のもとに練習を続けています。団体戦に関しては筆者念願の川崎支部同士での優勝決定戦を目指します。 などと大言壮語をのべて今年のホームページを終了いたします。会員の皆様、またホームページの読者の皆様、この一年ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

来年の稽古初めは1月10日の木曜日からです。その前6日の新年会でお会いしましょう。

手の内について考えよう

年内の日曜日の練習も残すところあと一回になりました。相変わらずテーマを絞ることができず、本日は手の内に関して自主研究です。教本には(柄の握り方は柄の長さにもよるが、右手で鍔元の縁金に人差し指がかからないようにして握り、左手は小指が巻止めにかからないように柄頭を多少余して握る。両手の握りの間隔は指二から三本が入る程度とする。両手ともちょうど鶏卵を握るように柄にたなごころが全部触っているよう、柔らかく握る)とあります。この手の内の在り様で刀の刃筋・速度・冴えが変わります。さて、各自で点検しましょう。