たっぷりの座学

本日はゴールデンウィーク二日目の28日日曜日です。連休の真っ最中というのに、というか真っ最中だから沢山の会員が集まりました。新人さんも二人参加で会場の小倉公会堂がとても狭く感じられました。

010002003

練習の前の下準備(巻き藁つくり)終了後、形稽古を先に行い、続いて座学です。形・実技に対する想定問答集を基にした座学です。内容の大部分は抜刀道教本にあることです。教本の隅々まで読み込んでいないと初めてだなどと思ってしまう部分が沢山ありました。再度眺めてみると、筆者の教本にはしっかり線が引いてあったりするのですが、頭に入っていないところが沢山あり、読んでいること、理解していること、実際に行っていることこの三つが一致していないという現実に直面させられました。すべては教本通り。次回の練習までにしっかり読み込んできます。(筆者反省)

008

こんなにたくさんのおやつが二皿、それが消えました。川崎支部は盛況です。

千客万来

春も深まり牡丹の時期になりました。新年度が始まって、川崎支部には入会の問い合わせが沢山舞い込み始めました。ここしばらくなかった支部への問い合わせ。ホームページ担当者としてはとてもうれしい年度スタートです。なんとこの一週間に4件もの問い合わせがありました。この木曜日におひとり、本日の日曜日にお二人見学に来られました。支部に新風が吹きそうです。

005009011012

本日日曜付で二人入会されました。一人は刀持参です。早速連盟の教本を購入いただき、先生方が刀の取り扱い方などを説明なさいました。初めての藁を斬っての、あの斬りの快感を体験していただき、抜刀道に引きずり込みました。一度斬りを体験するとはまるのですよ。(ふっふっふ)武道具屋さんの所在地も説明し、次回の練習からは稽古着を着て参加されることと思います。新しい仲間が増えるのはとても楽しみです。先生方にはまたご苦労をお掛けすることになりますが。

平成24年度総会

川崎支部が所属している、NPO法人日本抜刀道連盟の年次総会が開かれました。会場は例年と同じ新橋・生涯学習センターです。ここは使用されなくなった学校の施設を利用したセンターです。午後1時、各支部の先生方が参集されました。大会でいつも審判をしている、高段の先生方です。なかなか筆者などは緊張します。連盟会員も今年も70名ほど増え、支部も南に北にと広がっています。事業報告・会計報告・次年度の案が承認されたあと、今年も開催される全国大会について等など、3時間にわたる、熱い討論が戦わされました。連盟会報にて詳細が出されることと思います。先生方お疲れ様でした。

001130407_1315