指導風景

川崎支部は新年度を迎え、ニューフェースが何人か増えました。当然のことながら先生のご指導が始まりました。

017018019007

画像で見ても懇切丁寧なご指導の様子が伝わってくるようです。先生方は初心者の指導にかかりっきり、と油断していたら、突然我々古手のほうに有段者にあった細かな少し高度なご指導が入りました。確か前にもご指摘いただいたような、なのに・・・・ということが沢山あり少々脂汗をかきました。

016003013

突然現れたモップお掃除姿、これは自分で練習した後など切り屑が飛んで足の裏に触ります、抜刀は素足で行うので意外と気になるものです。他の人の迷惑にならないように、さっとモップで切り屑を取り除きます。これも武道の心得でしょうか。先生は刀の手入れに余念がありません。弘法は筆を選びます。このように今日の練習も充実した一日でした。

筆者の旅日記

抜刀道とは何の関わりもない記事です。5月の連休中、木曜日の練習を休んで、旅に出かけました。一生懸命に他の会員は練習しています。折角出かけたので旅のお裾わけです。今回は中央道を走り(筆者は横に乗っていただけです)穂高へ出かけロープウェーに乗りました。今年はまだまだ寒くて五月とは思えない風景でした。

001007009

穂高で一泊して翌日は白樺湖です。車山高原に沈んでいく夕日を撮ってみました

033037043049

一応旅のお供に抜刀道教本と居合刀を携えて出かけ、教本を何度か読み直し刀も二・三回振ってみました。教本はじっくり読むとこんなことが書いてあった、などと沢山の発見があり、日頃の曖昧なままで行っていた動作を再確認、連休後の練習の課題ができました。(と無理やりこじつけてみました)次の練習日は5月9日木曜日です。