久しぶりの練習

5月の連休が有ったり、小学校が使えなかったり、筆者がサボタージュしたりで、ほぼ一か月ぶりの練習参加です。昨日の高段者の講習会に参加されていた別の支部の先生が川崎支部の練習に参加してくださいました。居合の高段の先生で、練習の様子を拝見しましたが、やはり違いました。腰の据わり、刀の振り、所作すべてが勉強になりました。ありがとうございました。

さて、本日、春の審査会の証書が届きました。対象の会員に授与されました。おめでとうございました。で、パチリです。また練習場の外に抜刀道練習中、見学随時と看板を出しているのですがそれを見て一人見学に来てくださいました。ポスターもしっかり貼りましょう。

002003007010011013

高段者制定刀法研修会

6月8日(土)神奈川県立武道館・小道場において、伝達講習会が開催されました。今年は受講生は各支部の支部長の先生方のみです。朝10時から始まり、国旗拝礼・副会長のご挨拶後(今年は何故か、すべての挨拶が短くなりました)講習会がスタートしました。まず形の前に刀を使ってのストレッチを行い、それから形10本をします。今年は参加者は真剣・または居合刀です。十分な間をとって、安全確認をして行います。なかなかの迫力です。

017019022023

引き続き座学に入ります。制定刀法解説・質問形式という小冊子を使用しての研修です。各支部会員を指導するとき出される可能性のある、質問への連盟としての統一見解集といえるものです。今年から新しく取り入れられた、厚紙で作った仮標を置いての研修です。とてもわかりやすいものでした。川崎支部の先生が講師の一人で、なんとなく誇らしいものです。

025028031038039045

午後は審判研修で、参加者が選手を務め紙の仮標を実際に斬って、はたをあげての研修です。旗の受け渡し・上げ方・発声の仕方・審判の交代動作など細部にわたった講習でした。最後に金子先生が形10本を斬って仕上げをして下さいました。午後4時に閉会式をして(また挨拶が短かったです。)解散になりました。沖縄や山形など遠方からのご参加の先生方お疲れ様でした。筆者はただひたすら拝見、勉強の一日でした。

筆者のボヤキ: 紙の仮標を斬るのに力一杯斬って床に刀を突きたててしまいました。順応性の無さと、寸止めが今に至るまでできていない証拠。情けない