稽古納めです

063

まずは木曜日の夜の部、12月24日、クリスマスイブというのに、相も変わらず小学校に集まり夜間の部の稽古納め。筆者もその仲間、我々は日本人だとは、会員の言

本日は27日日曜日、公会堂 昼の部の稽古納め。泣いても笑っても稽古納め

064

初稽古用の藁を巻き上げました。本日は形1本目から10本目の先生の足さばきを撮ってみましたが、各形による捌きの違いが映像では表しにくくただいま検討中です。一晩経ってさて、検討の結果、形による違いではなく動作による違いを載せることにしました。刀を構える前(静止状態)・一本目上段にとった時・中段にしたとき・袈裟を切った時・血ぶりをしたとき

072066087093092

袈裟を斬った直後以外は両足のつま先は、前方を向いています。また、後ろの足の裏は必ず1センチぐらいは浮いています。これにより後方の脚のひかがみが張り、力強く斬ることができます。斬りは後ろ足でかつ体の重心は真ん中にあります。

さて稽古納め最後にひとりづつ仕上げの斬りを行いました。筆者は失敗!リベンジの結果刀が切れなくなっているという結論に達しました。(腕だけのせいでなくてよかった)この正月休みの間に刀の手入れをしなくてはと思った納めです。

1月9日連盟の稽古初めまでに間に合わせます。皆さん良いお年をお迎えください。

 

師走になりました

このところ、練習会場が確保しにくく、練習日が少なくなっていた、支部です。その少ない貴重な練習日です。

本日よりデジカメを新しくしてみました。刀の取り扱いと同じ。ひたすら刀を振るようにカメラのシャッターを押し続けた一日になりました。刀の振りもその重心のある位置により力の伝達に差が出ます。カメラも機種により違いがあるようです。

そこでタイトルを決めず、刀の柄の握り方のみを撮ってみました。教本には両手とも、ちょうど鶏卵を握るように柄に(たなごころ)が全部触っているように、柔らかく握る。としか書いてありません。よく他の武道で手の内を見せないなどと言われるほど自分の手の内はこっそりと確立していくもののようですが、抜刀ではどんどん見せてしまいます。先生の握り方拝見して、各自研究してみてください。

004003009015019021022010

拘り

抜刀道は意外と繊細であると前回述べました。本日はこだわりについてです。

先ず斬り終わった時の刀の切っ先の高さです。

面を斬る→胸の高さ   頚に切り込む→腹の高さ  脇下・腹部から切り上げる →頭上

袈裟を斬る→膝の高さ  胴を切り抜く→へその高さ  小手を切り落とす→太ももの高さ

斬った後の残身→切っ先が45度下がり  血ぶり直前→水平  等です

003012005013010

これらの動作はこだわりというよりは決められたことで、必ずしなくてはいけないことです。その他各自のこだわりがあります。納刀時右手に持った刀の鍔元を鯉口にのせ、左手を鞘引きをし、右手を右前方にのばしつつ刀の切っ先を鞘に入れるのですが、その鯉口に乗せるときの刃の角度に拘ります。わずかな角度の違いで、納刀に差が出ます。納刀はその剣士の熟練度の違いがはっきり出る部分です。

021024025

 

意外と

さて、前回の練習は私事でお休みをいたしましたので今日は久しぶりの更新です。

抜刀は真剣を使って、巻き藁をばっさばっさと斬るので、荒々しい武道だと思われがちです。現代においては、巻き藁を互角の武士であると想定して斬るのですが、現実に人を斬るということは絶対におこりません。勿論、気迫を込めて斬るつもりで練習を行いますが、斬るということと同時に形の完成から派生する様式美を求める部分が多くなります。歩き方、刀の下げ緒の捌き方、刀の構え方、振り方、斬る時の姿勢、斬った後の血振り、下がり方、など細部にわたって神経を使うように心がけます。

たとえば本日映像にしてみましたが血振り時の左手の位置、形なども神経を使う部分です。左手は右手と同じ高さになるように刀の栗形の上を抑え、親指以外は揃える。と有ります。血振りの左手ひとつとっても細かく決められています。それを一つ一つ完成させていくことにより、様式美が生まれます。

006009010011012

そうです。抜刀道は意外と繊細なのです。

さて、会員の新しいお宝が届きました。そうです!新しい刀です。拵えは天正拵え(戦国期の武用本位のもの、簡素かつ機能的で堅牢である)鍔は自分の所有していたものをつけ、柄巻は紺の皮拵え、会員にとってはうれしいうれしいお宝です。他の会員も集まりワイワイ拝見いたしました。もったいないとためらう所有者をけしかけ試し切りもしてみました。筆者ももう一振り、などと・・・・・

013016017015

来年に向って

年末でもないのですが、全国大会が終了した川崎支部では、来年に向って再始動しました。

全国大会はまあまあの成績で終了しましたが、長年の悲願である、団体戦を川崎支部同士で戦うということは今年も達成できませんでした。とてもそれには及びもつかない成績でした。毎年毎年連盟の会員の方々のレベルが上がっています。その中で勝ち抜くということは至難の業です。もっともっと精進をしなくてはいけないようです。

今日は連盟の教本をもう一度細部に至るまでおさらいしました。先生の解説付きです。動作一つ一つに注意を払って形練習を行いました。

002006009

さて、個人的なことになりますが、大会において審判を行う場合、その判断基準として、教本に対して正確であることが一番に要求されます。正確さが同じレベルであればその技の熟練度、又本人の修練の差を見ることで判断します。その修練の度合を測るには、着付け、目付・斬りつけと言われる3点からスタートして、各自の持つ風格を拝見します。私個人としては正しく有れ、という事ばかりを追求して、気迫の部分が欠落していたようです。他人にはそれを求めていながら自分自身はなかったようです。何が何でも斬るという根本。ここしばらく失敗続きだった6本目、本日は先生の叱咤激励、および会員の揶揄に少々やけくそ気味に刀を振ったら、形は、はなはだしく崩れますが、久しぶりにスピードのある剣を振れた気がします。ひたむきに振ることと、細かく気を配って技を行う事、この二つを組み合わせ、修練することの難しさを、再確認した一日でした。

さあ、良き仲間とともに来年に向って再始動です。

第24回全国大会

昨日10月4日 鹿嶋神武殿にて、この道場最後の全国大会が開催されました。それに先立ち前日は同じ会場で、高段者審査会が開かれました。いつもの如くピーンと張りつめた空気の中での開催でした。今回は9人受審され5人合格でした。その後称号の面接が行われました。お疲れ様でした。

003008006

さていよいよ全国大会当日です。来賓の方々や、選手を待つ会場入り口です。

午前中から個人戦が行われていたのですが、筆者は審判をしていて写真撮影はできず、午後からの団体戦のみの映像です。今回川崎支部はがんばりました。午前中の2・3段の部で形の部や実技の部で会員同士が戦うことになり、結果優勝や準優勝、三位を分け合うことになりました。また、最高峰である4・5段の部で実技・形ともに、準優勝と優勝を一人でとりました。また、団体戦では3位に食い込み、表彰式では川崎支部の声を沢山聴き、誠に誇らしい気持ちがいたしました。団体戦での会員の勇姿です。

027029031024017032022019046

ラストスパート

本日は9月27日、中秋の名月です。

川崎支部の面々は名月どころではありません、ギンギンに太陽のように燃えて練習中です。まあ、本日は薄曇りではありましたが、先生の解説付き、形10本を拝見して、それぞれの練習に入ります。気合が感じられます。そんな中でもおやつタイムはしっかり取って、連休中の話でリラックスし、その後試合形式で練習を続けました。その映像は秘密といたします。(実はとり損ねただけ)来週の日曜日は大会です。剣友の皆様、鹿嶋でお会いしましょう。

IMG_0001010 004008009

 

シルバーウイークなので

9月19日から始まったシルバーウイーク、支部練習も丁度お休みなので、筆者はいつもの白樺湖へ(牛にひかれて・・・)信州は秋でした。食べることができなさそうなキノコをじっと眺め、色々妄想しましたが危険なのであきらめました。

001004008

翌日アップルラインへりんご狩りに出かけました。秋映とシナノスイート、シナノゴールドこの3種類しかなかったのですが、美しくかつ美味でした。続いてかの有名な小布施の栗しるこを食し、上田へ足を延ばし、上田城を見る予定でしたが、駐車場が長蛇の列だったので、之は断念しました。仕方がないので国分寺跡を眺め、資料館の学芸員さんに横浜からわざわざきて資料館見ているんですか?と感心され。その後、その方に紹介された徳川秀忠の使い(真田信幸と本多忠政)と真田昌幸が会見した?という場所を眺め、善光寺そっくりの国分寺を見学してきました。

来年の大河ドラマ、真田幸村で盛り上がっていました。

全く抜刀とは関わりのない休日でしたが、上田には美術刀剣の店がありましたが、残念ながらここもシルバーウイークでした。

011013014016017020

メンテナンス

久しぶりに斬り台のメンテナンスが入りました。毎回藁を立てるため、先端が丸くなり擦り減ってしまう、斬り台の芯棒の交換です。古い芯棒をはずし、新しいものと交換したり、先端を削りなおしたり、こんな仕事も器用な会員がこなしてくださいます。おかげで藁(仮標)がしっかり立ち斬りやすくなりました。ありがとうございました。本日もしっかり大会の練習をいたしました。

001002003004

大会前、講習会

東京武道館(綾瀬)に1時間30分電車を乗り継いでやってきました。今年も制定刀法伝達講習会・公認審判講習会が開催されました。この講習会は大会一か月前ということで、自分の試合の勘などを取り戻すのにもとても有効なものです。北は青森・新潟・南は四国の会員が集まりました。

015016

午前は9時30分よりスタート、まず会長先生から、真剣を扱う武道であるから、事故が起こらないように十分注意をするように、特に八本目以降の技について細かくご指導がありました。それから教本を基にした実演付の座学を行い、その後段別に分かれ実技指導を行いました。

021

午後は審判の要点についての説明があり、5段以下の方々に紙製の仮標を使って,試合をしていただき、それを6段以上の審判員の卵たちが審判の練習をしました。年齢はともかく、昨年6段になったばかりでまだ卵から孵化したばかりの筆者にとっては緊張の時間が続きます.審判旗の受け渡しから始まり、判定の旗の上げ下げ、発声の仕方に至るまで細部にわたってのご指導を受けることができました。これなら大会本番でも審判できるかもしれないというところまで行きました。

本当に先生方有難うございました。

023024