初稽古講習会(連盟主催)

1月17日は阪神淡路震災の日です。そんな日ですが連盟主催の初稽古講習会が開催されました。東京は綾瀬の東京武道館・第二武道場です。東京武道館は空調設備が完備され、体を動かすと暑いぐらいで、少し楽な環境でした。

001005007

本日の参加者は約50名、参加は自由です。9時から13時まで行われました。黙とうから始まり、会長のご挨拶を戴き、最近の講習会では必ず行う準備体操に続いて、全員で素振りを行います。前後10本、左面と右面を10本、左袈裟・右袈裟などを行い、十分に体を温めます。

009010011

つづいて前年度の全国大会の4・5段の部実技優勝者の実演を拝見。(今年は川崎支部の会員がしたいなああと、筆者は思う)

制定刀法の説明を座学で行い。その講習の中で連盟会長が自ら、紙の仮標を斬り、その切れ方による刃筋や力のかけ方を分析する方法を指導されました。自分で斬った紙をじっと眺めて研究する受講生の姿です。それから座学で学んだことに留意しながら全員で形10本を演武して本日の講習会は終了しました

028030032

練習終了後、場所を変え新年会が行われましたが、撮影を忘れて楽しんでしまいました。他の支部の先生方と一杯飲みながら、鍔、鞘、刀装具のもろもろ、の作成をそれぞれに楽しんでいる話を伺いなんとまあとひたすら驚かされた楽しい数時間を過ごしました。斬っているばかりが抜刀ではないと再認識、15時30分一本締めで解散しました。

新春 刀剣展

東京は九段の靖国神社に出かけていきました。靖国神社の中にある遊就館において、奉納 新春刀剣展がありました。全日本刀匠関東支部の17名の刀匠が一振りずつ奉納したものです。短刀・脇差・太刀・打ち刀が展示されていました。会場の一角で吉原国家さんの作刀の様子がDVDで流されていました。

このような映像は、時々見てはいるのですが、改めてじっくり見て、このホームページの巻頭の言、炎と刀工により鍛え上げられた日本刀・・・を実感しました。そうだ、この思いで抜刀道の道を進むのだったと、年頭に思いを新たにしました。

005006008014009010012013011

鍔・縁頭・縁・笄・小柄なども展示されており、こじんまりとしているため、観覧の人も少なく、刀の地鉄・刃紋・刃中の働きをゆっくり鑑賞することができました。

ひたすら新年会

本日11日は川崎支部の稽古初めです。

001003

支部長による新年最初の形10本の詳細な解説からスタートしました。3時までは真面目に真剣に練習に励みました。

004007006008011012

5時からはいつもお世話になる清しげさんになだれ込み、明日は成人の日、そんな日々ははるか昔に卒業した面々、夜9時まで飲みつつ、喰らい、抜刀道について熱く語り最後は皆、よれよれになって解散。こんな日が一年に一度あっても、良きかな。

ちなみに本日のメニュー、あん肝、ワカサギのマリネ、フグのから揚げ、魚の煮つけ、フグ刺し、フグ鍋、お寿司でした。お酒は飲み放題。いつも清しげさんありがとうございました。今年も美味しかったです。

謹賀新年

平成27年の幕開けです。剣友の皆様明けましておめでとうございます

009004

今年の初稽古は11日からです。さすがに今日4日はのんびりしています。年頭から刀を取出し、家族の中で手入れをするというのも遠慮なので、特にすることのない日曜日でした。そこで年頭に当たり本年の抱負などを考えてみました。

昨年の第一の目標は、運よく達成できたので、それ以降いい加減な稽古をしたようです、その結果年末にはうまく斬れなくなりました。力任せに刀を振ってみたりすればするほど刀が荒れたような気がします。今年は基本に戻り、言い訳をしない、ということを実行しようかと考えています。会員の皆様も新年の美酒にいつまでも酔いしれていないで(自分を顧みて、ですが)11日からがんばりましょう。

筆者は新年早々から寝込んでいました。本日やっと布団から這い出てぼーっとしていました。歳のせいかなあ(これも言い訳でした)