春の気配でした

今日は2月の22日、東京マラソンの開催日です。朝は雨が降っていましたが、いくらか寒さも緩み始めました。冬の間は巻き藁が柔らかくなりません。畳表一枚分を端からくるくる巻いて、ゴムで止め、水に約一週間つけておいたものを使用するのですが、気温も水も低いため巻き藁はただ水を含んで重くなっただけです。これが夏ですと3日も漬けておくと藁が少々腐敗して柔らかくなりちょうど良い硬さになります。畳も最近のものはイグサを編む繊維が化学繊維(ナイロン)などを使用したものが多く出ています。これはいくら水につけても腐敗することはなく結果として硬いままです。これが昔からの、綿や麻を使用しているものは、いつ切っても気持ちよく斬ることができます。

ということで、冬の日に化学繊維で作られた畳を練習に使うと、万力の力を込めてタタッキルという状態になってしまい、形の追及などはそっちのけになってしまいます。そこで本日は1本まきの巻き藁を解いて、7分巻に変更する作業を行いました。5段以下の女性と70歳以上の男性は試合や審査で申請により、5分巻を使用することができます。ついでに新人の女性の為に5分巻の巻き藁も何本か作りました。

019001002003

本日は久方ぶりに女性陣が三人揃いました。支部もちょっぴり華やかです。支部では四月末に審査を行います。3月はもう一つの会場の小倉小学校がほとんど使用することができません。そこで審査を受ける方々がリハーサルを兼ねてひとりづつ形10本を斬りました。練習通りにはいかないようです。次の映像は切り終わり血振りをしたときのものです、各自で分析してください。ピンぼけ写真が多く4人分しか載せることができませんでした。

006007012017

足さばき

抜刀道では正しい足さばきがうるさいぐらい求められます。教本にも足の踏み方は両足のつま先を正しく前方に向け、両足の左右の間隔は肩幅と両足の外側の幅が、おおむね同程度になるように開き、前後の間隔は、左足のつま先の線上に右足のかかとが来る程度とする。左の踵はわずかに揚げ右の足底は軽く踏みつけ、重心は左右の足の中間に置く。から始まり形一本ごとに細かく足の捌き方が書かれています。このところ川崎支部で注意し合うのが六本目の左袈裟・胴の場合の斬り終わった後の後ろ足(左)の事です。胴を水平に斬った時の左足の返しは「つま先」ではなく「湧泉」を使って返すこと。にこだわっています。

これをしっかり体現するには後ろ左脚の膝を曲げずにひかがみを張ると良いようです。そこで本日は会員の足を撮影してみました。支部会員は日頃の先生のご指導が、ビシバシの為かつま先は全員しっかりと前方を向いていました。どの映像がどの会員のものか分からなくなりましたので、各自にで見つけてください。

003008012014016021023035039

さて数か月前に入会した新会員、本日は形六本目まで進みました。先輩たちが拘っている左袈裟・胴です。畳の縦繊維を真横に切り抜くのは最初の難関です。今まではななめ35度から45度に斬っていましたが、この技はしっかり刀を振らないと切り抜くことができません。本日何とか斬りました。おめでとうございます

033030041

斬れるようになったら体の中心のぶれ、斬り終わった刀の位置、高さそして足の捌きが加わってきます。がんばりましょう。