稽古納めです

063

まずは木曜日の夜の部、12月24日、クリスマスイブというのに、相も変わらず小学校に集まり夜間の部の稽古納め。筆者もその仲間、我々は日本人だとは、会員の言

本日は27日日曜日、公会堂 昼の部の稽古納め。泣いても笑っても稽古納め

064

初稽古用の藁を巻き上げました。本日は形1本目から10本目の先生の足さばきを撮ってみましたが、各形による捌きの違いが映像では表しにくくただいま検討中です。一晩経ってさて、検討の結果、形による違いではなく動作による違いを載せることにしました。刀を構える前(静止状態)・一本目上段にとった時・中段にしたとき・袈裟を切った時・血ぶりをしたとき

072066087093092

袈裟を斬った直後以外は両足のつま先は、前方を向いています。また、後ろの足の裏は必ず1センチぐらいは浮いています。これにより後方の脚のひかがみが張り、力強く斬ることができます。斬りは後ろ足でかつ体の重心は真ん中にあります。

さて稽古納め最後にひとりづつ仕上げの斬りを行いました。筆者は失敗!リベンジの結果刀が切れなくなっているという結論に達しました。(腕だけのせいでなくてよかった)この正月休みの間に刀の手入れをしなくてはと思った納めです。

1月9日連盟の稽古初めまでに間に合わせます。皆さん良いお年をお迎えください。

 

師走になりました

このところ、練習会場が確保しにくく、練習日が少なくなっていた、支部です。その少ない貴重な練習日です。

本日よりデジカメを新しくしてみました。刀の取り扱いと同じ。ひたすら刀を振るようにカメラのシャッターを押し続けた一日になりました。刀の振りもその重心のある位置により力の伝達に差が出ます。カメラも機種により違いがあるようです。

そこでタイトルを決めず、刀の柄の握り方のみを撮ってみました。教本には両手とも、ちょうど鶏卵を握るように柄に(たなごころ)が全部触っているように、柔らかく握る。としか書いてありません。よく他の武道で手の内を見せないなどと言われるほど自分の手の内はこっそりと確立していくもののようですが、抜刀ではどんどん見せてしまいます。先生の握り方拝見して、各自研究してみてください。

004003009015019021022010