春の審査会

本日24日は川崎の春の審査会でした。初段受けが二人です。本当に緊張した空気の中で行われました。初段は形一本目から五本目まで。形の部が合格したら実技に進むことができます。実技は形一本から三本目までです。形の部では携刀姿勢からスタートし、神前の礼、刀礼後、帯刀を行います。試技後は刀礼をして、神前の礼を行います。以上の所作も当然審査基準に入ります。

初段ということで受審のお二人は、相当に緊張していらっしゃるようでした。それでも何とか頑張って二人とも合格されました。おめでとうございます。

006007010011013020017021022

会員の新しいお宝です。半年以上も前に注文を出していた、刀が本日打ちあがってきました。うれしうれしのお披露目です。まだ刀身には傷一つなく、波紋の(のたれ)が良く出ています。藁を一本斬るごとに傷がつきます。少々惜しい気がしますが傷が一つプラスされるごとに技術が一つプラスかな

 

030031

何はともあれ桜の季節です

011010013

4月6日新横浜鶴見川の堤です。昨日は花吹雪でした。

本日の練習日練習場までの道筋の桜はほとんど花びらは散ってしまいました。

016

鹿嶋神武殿の大会で使用されていた斬り台です。鹿嶋の閉鎖による備品整理で頂戴してきたものです。支部で使用していたものより重みがあり使いやすいようです。

さて、本日の勉強はと考え、納刀の完成の瞬間をとってみました。各自勉強のことと放り出す予定でしたが、撮影してみると、全員同じで、さて、どれが誰やら分かりません。これはつまり結果はみな同じということで、撮影は無駄になりましたが、一応載せてみます。

017018019020024