春が来た!

二月、二回目の日曜日の練習日です。花粉も飛びすっかり春です。

前回平均年齢をぐっと下げてくれそうな入会希望者が本日入会してくださいました。

これまで武道というものに全く経験のないまっさらな新入会員です。川崎支部の強味。先生のマンツーマンのご指導が入ります。正しい形を雑音が入らない状態で身につけることが出来ます。

着付けから始まり、刀の持ち方、下げ緒のさばき方等々覚えて戴くことは山積みです。

001018009013016

本日は形3本目まで進みました。斬れるとか斬れないとかは当然まだまだ。

さて、以前より頑張っている他の若手たち、負けじと頑張りました。さすがに腰の据わりや刀の走るスピードが全く違います。これが修練の差なのだと実感いたしました。

010024026

可もなく不可もなく

今日も事故もなく、誰も怪我もなく安全に練習を終えました。本日の参加会員数は先生を入れて9名でした。少々寂しい人数でした。

このところ外気温がとても低いため、約一週間水につけておいても、藁が柔らかくなりません。繊維がしっかりしている畳表などは、刀で切るとまさしくガツンと言う音がします。ましてや刃筋が悪いと刀が曲がってしまいます。普通は畳一枚を使用して作る仮標ですが。あえて半分に分けて半巻きをたくさん作りました。

固いから斬れないと力んで刀を振り、刃筋を狂わすと、体勢も崩れ切り口も乱れてしまいます。半巻でもしっかり振らないと6本目などは、繊維一筋斬り残したりします。一本巻と同様にしっかり振りきることが肝要です。自分の形や姿勢などの確認には良いようです。

001002003006007