梅雨の一日

6月18日は梅雨らしい一日でした。あちらこちらで紫陽花が美しく雨に濡れています。

さて、これはなんでしょうか?

そうです!東京大会の申込書です。本部締切が7月3日。大会は7月23日に東京武道館で開催されます。支部ではそろそろ、申込を締め切ろうかと、大会の華の団体戦のメンバ-を決定いたしました。

手前味噌でなんなのですが川崎支部では団体戦に出場するメンバーに選ばれるのはなかなかに至難です。一に練習参加回数の多い方、当然実力もくっ付いてきますが。

今日は別の支部の方が出稽古です。川崎支部では時々こういうことがあります、よその支部の方を居ながらにして拝見して、勉強できる良い機会です。そして参加される方には緊張感の体験をして頂いています。決していじめている訳ではありませんので。

さて、久しぶりに会員の刀屋さんが開店いたしました。刀の曲りの直しです。

相変わらず堂にいっておられます。川崎支部にとって本当にありがたいことです。

by:会員撮影

あちらこちらで

川崎支部にはあちらこちらに顔をだす方がいます。一人さびしく、北海道に赴任している筈の人がいます。

さぞや刀を抱えて、寂しいようと、言っているかと思いましたが、さっさと帯広支部に顔をだし、帯広市のホテルで開催された文化交流会で

試斬、一本目・六本目・九本目・十本目を演武したようです。

かと思えば、今度は帯広で開催された流鏑馬を見学に行ったようです。せっかく北海道に行ったのだから、乗馬もしようか等と口にしていたので、その前哨戦でしょうか。

北海道に行っても川崎支部会員は 元気です。今に太刀を佩き、馬に跨り・弓を担いで北海道からやってきそうです。

某会員の 弟さん