練習はありました

本日は桜5分咲きぐらいです。こんな良き日にも公会堂に籠って、会員は練習中。比較的参加者が少なかったので、沢山仮標を切りました。練習の初めに先生から、先日の審査を踏まえ、細かな注意を戴きました。各自自己研修中の一日。

筆者はわが身の練習が大変で、撮影どころではなく本日は、テーマ無し!

審査会でした

本日3月17日は連盟主催の春の審査会でした。いつものごとく、神奈川県立武道館小道場において、開催されました。寒い一日です。午前中は五段以下審査会、午後からは六段以上の中央審査会でした。

川崎支部も午前中は一人、午後も一人受審いたしました。午前中は何とか合格でしたが、午後はやはり一筋縄ではいかない結果でした。日頃練習では起こりえないことが色々発生します。緊張した場合の対処の仕方。これも拝見していてよい勉強になりました。お疲れ様でした。そしてありがとうございました

将棋の世界ではないですが、師弟のワンショット、まだまだ越えられません

 

 

 

手の内、お見せしましょう

武道は色々ありますが、手の内は非常に大切なものです。手の内は人には見せないものです、が、本日は勉強の為、映像化してみました。あるレベルに達した方は自分の技を可視化して、じっくり直視することが進歩においては必要不可欠なことのように思えます。

まずはお手本

後は各自自己分析を。本当ならばわが身を一番に載せ分析しなくてはいけないのですが。自分には甘い体質なので。すみません

さて、次の土曜日は大切な審査があります。受審者は会員の前で、たくさんプレッシャーをかけられての練習です。

本日筆者は、なんとなく巧くいきました。春ですねえ。かすかな季節の変わり目が見えてきた気分。