私ことながら

刀とは何の関係もありませんが。

本日、筆者は誕生日です。ああ、皆さんお気遣いなく

今日2月26日は、2・26事件の日です。

陸軍士官の人たちは、みな軍刀を携えていたのでしょう。

祝いに届いた野菜のブーケ。夕食にエシャロットに醪味噌つけ、ミニトマトはそのままむしゃくしゃと頂きました。

今日は平和です。

ぼちぼち仕上げ

3月10日を目前に控え(休日しか練習できない大部分の会員にとっては)貴重な練習日になります。花粉がビシバシ飛んでいます。春です!

本日は形練習に刀礼を入れました。審査では要因の一つになりますので、本日はしっかり行います。刀礼の練習などは自宅でも行えるため、普段は割愛です。

刀礼がスムーズにいかないと、審査本番で上がってしまいます。自宅で沢山練習しましょう。

さてこの後沢山斬り、最後に再び形の練習をしました。先生お疲れ様です。詳細にわたったご指導でした。

筆者は床に座り込み拝見。刀は見るものではなく、振るものだと、実感

 

春の気配

余市の雪二宮の菜の花と富士山

寒川の有り難いお守り

 

日本列島、北と真ん中。これほど季節の進みに差がありますが、それでも節分が終わり、新玉の年明けです。お祓いに行きました。

さて、支部の会員は燃えています。3月10日の地方審査と中央審査。静かな静かな闘志を燃やして練習に励んでいます。今日は小雪がちらつく為、ともかく仮標の巻き藁が硬い。審査前の仕上げの時期なのに自信喪失しそうな、固さ。

筆者はいい塩梅にいろいろ逃避できる理由が発生して、回避状況の為、少々対岸の火事状態。でもみんな頑張ってほしいと思っています。あの審査の緊張感。思い出すだに恐ろしい。本番でどのような心の有り様に持っていけるか、ホームページ巻頭の言葉、が思われます。