梅雨の一日

前回の先生を入れて4人という悲しい状態から一転、今日はしっかり集合いたしました。本日は梅雨らしい一日です。雨が間断なく降っています。その上蒸し暑いので、練習の間遠慮なくエアコンを作動させました。ありがたし、文明の利器

さて、先日の允許状伝達の続きです。

これは川崎支部の恒例です。おめでとうございます。

東京大会の団体練習もしました。筆者は審判の練習をさせて戴きました。手前味噌ですが支部会員のレベルは毎年上がり、会員同士の模擬試合では判定がとても難しくなってきています。明らかな失敗が発生して、判定が楽な場合にはホッとしている筆者です(すみません)

さて、ほんじつも川崎支部の刀屋さんが開業いたしました

刀身を柄からはずし、なかごを確認し刀身のゆがみなどを直していきます。筆者なども今回はしっかりお世話になり、きれいにしていただきました。それなのに練習が終わった後じっと刀身を眺めると、なんと又、かすかな歪みが発生!

おかしいな、今日は失敗してないはずなのにとブツブツとぼやいております。

まだまだ抜刀道改造計画はなはだ遠し。

少々忙しかったので

6月16日の練習日は、筆者は私的に超多忙でしたので、練習はお休みしました。私はともかく、なんと練習参加者、先生を入れて4人。57本の仮標を4人でよたよたしながら斬ったそうな。羨ましくもあり、そうでなくもあり。

川崎支部!!こんなことで良いのか! 喝!!!

闘いの日は近いぞ。

さて、春の審査での合格者の允許状伝達がおこなわれたようです。三段がまた一人誕生いたしました。おめでとうございます。会員は順調に段位を上げてきています。

願わくば新人よ来たれ、新風を