稽古納め

コロナコロナと言っているうちに、あっという間の納めです。

稽古始めですと書いたばかりな気がします。年を重ねると時間の経過が速くなると言われていますが,成程です。

今頃なぜか咲いていた、新横浜の桜?です。少し寂しいですが満開でした。今日は年内最後の練習日、何やら沢山の会員が集まり、当然ながら割り当ての少なくなった藁を大事大事に斬ります。切り刻みます。

大学受験で練習を休んでいた若鳥一号も復帰、若鳥二号もそろい、今回入会のナイスミドルも初練習。何か未来が明るくなります。

新入会員に対しては袴の着付けから、先生自ら説明、抜刀は着付けが最初にくるのですから。着付けが終わると、刀の差し方から始まる一連のご指導が入ります。基本が大事ですから。

今年一年、あまり良い一年とは言えませんでしたが、その中でも細くではありますが練習を継続できたことは良かったと考えます。会員皆様のご協力の賜物と思います。

来るべき2021年も楽しく、充実した抜刀年でありますように。

よいお年をお迎えください。

 

師走です

今日は師走最初の練習日です。まあまあのお日和です。慶応日吉の銀杏です

秋の気配もぐんと深まり、筆者本日も見学。わが身も初冬です。

さて、久しぶりに先生の形拝見しました。本日見学者があり、先生の形を拝見して、何か感じるところがあったようで、さっそく本日付で入会されました。ずっと継続され、良き剣友が増えますように。

さて、入会が決まると早速、真剣での斬り体験です。なかなか良い斬りっぷりでした。前途有望か。この斬りを体験して快感を覚えると病みつきの世界に入るのです。

個人的にお休み

筆者、歯痛のため練習はお休み

刀を振る時、奥歯かみしめて振りますから、歯痛は響きます。良い抜刀のためにも歯は大切にしましょう

汗ばむ練習日でした

立冬を過ぎてから暖かな日が続いています。霜月というのに練習をしていて汗をかきました。それでも、朝晩はそれなりの冷え込みで、あまり鮮やかではないですが紅葉です。

お久しぶりの北海道単身赴任中の会員、お土産とともに練習参加しました。

北海道でも、抜刀の同好の士が増えたそうです。北の大地では、藁の水漬けも11月が限度。間もなく水が凍結して、仮標が出来なくなるようです。冬はみっちり形稽古研修の季節です。

さて、わが会の二羽目のひよっこ、何とか形が様になってきました。

切った後の姿勢、躰の芯が完全にぶれています。しっかり映像を見て修整をしましょう。どんな時でも体の芯が崩れなくなるには長い修練が必要です。頑張りましょう。立派な若鳥になるために

昇段審査の合格証書、最後の一人にやっと伝達できました。

おめでとうございます。

本日の筆者の課題、正しい抜刀道習得のために。切り手と受け手を明確に!そのために無駄な手首の振り回し封印。全く今更ながら。(まあ、物は考え様、できないことが多いから飽きない。しかしながらどんどん下手になっていく気がする。)の練習日でした。

良いお天気!そして練習日

前回は台風が来そうなのでお休みになりました。本日は約一か月ぶり。秋晴れの少し汗ばむぐらいの練習日和です。昨日、真鶴の海に行ってきました、良きかな。

本日は秋の審査会合格者の方への証書の授与を行いました。合格を実感する恒例の行事です。今日は四人のうち二人だけでしたが先生とツーショット(ご指導ありがとうございます)

さて、一日さんざん練習をして、最後に一本仮標が残りました。そういう時には斬りたい人でじゃんけんをします。今回の勝者!残り物に福がありますように

折角ですから福の映像を。あとは自己分析でお願いいたします。

今日も一日、練習中マスク着用。練習時のマスクにも涼しさの訪れとともに慣れてきました。健康で練習が継続できますように。

台風め!

つい先週は中秋の名月綺麗でした

本日10月11日は 本当ならば練習日でした。しかし台風14号の接近により中止になりました。藁を練習日の4日前には水に漬けこまなくてはなりません。一度水に漬けこんでしまった藁は何が何でもその週のうちに使用しないと、水の中でブクブクと泡を吹いて腐敗します。よって、週末には練習は不可能であろうと水漬けは中止になりました。

なのにうろうろした挙句、14号はやってきませんでした。ただいま外を眺めて

残念!!とつぶやいています14号はっきりしろ(筆者の刃筋みたい)

 

前回実施した審査の 合格証書も届きました。川崎のタウンニュースも届いています。でも練習はありません。残念です。会員たちのつぶやきが入ってきます。練習減ると

ますます下手になる!

筆者も同感。14号お前が悪い!

本日 審査です

一週間前から急に秋めいてきました。本日は予定通り、五段以下の審査を行いました。

審査中は写真の撮影ができないため、前もって撮りました。本日は初段・弐段・参段・五段です。初段は形5本まで、実技は3本まで。弐段は形7本目まで、実技5本まで。参段は形10本まで、実技7本目まで。五段は形、実技とも10本目までとなっています。

結果全員合格しました。拝見しているこちらの方が息を詰めてしまい、実際に斬るより疲労感が残ります。つかれたあ、だけど良かったです。

後のお二人は前回も載せましたので、撮り忘れてしまいました。

全員が合格するであろうと、今日のおやつはプチ贅沢して用意しました。緊張の後の弛緩タイムです。それから久しぶりに団体戦の練習してみました。

審査よりはのびやかに技を行うことができます。やはり審査は緊張の極致であったようです。筆者は個人的にはお尻に真っ赤な火が付いた状態。そう、サボり続けたその報いが顕著に現れました。練習しなくっちゃと本日は思いました。

 

盛況

本日9月13日 あまり広くない練習場に人が溢れています。暑さも和らいできた為か、流石に練習しなくては とお尻に火が付いたか(筆者)支部会員登録は18名ですが、なんと13名の参加があり、巻き藁の一人当たりの配分が、たった4本でした。こういう密な状態では、安全な練習に注意です。コロナよりは、他傷事故の発生のほうが要注意です。何しろ扱うものが日本刀ですから。

さて、9月の最終週に予定しています5段以下の審査、受審者のリハーサルです。

本日二人とも実技成功しました。このままでいきますように。

唐突ですが本日のおやつ

審査も近いことですし、力をつけていただこうと、きびだんごにしてみました。勝手に岡山のお菓子かと思っていましたが、じっと見ると北海道銘菓?なぜ❓

相変わらずお茶の時間は、気は心で離れて座っていますが、先生を囲んでおしゃべりで盛り上がってしまいます。同好の人の集まりはやはり楽しい。日常を離れて心がやすらぐひと時でした。

次回練習日、審査会もかねて 9月27日 です。

やっぱりコロナ下

いい加減にコロナという言葉使いたくないです。腹いっぱい練習をしたいものです。などと言いながらも、北海道から数か月ぶりに会員が参加。考えてみれば忍者は覆面して、刀振っていました。まあそう思えば。そんな中でも少し秋の気配です。

文句を言いながら、それでも9月の審査会目指して、練習中です。相変わらず支部会員は息があったお手伝い風景です。

この頃3時の休憩は三密を避けて、順番にするように心がけています。おやつも個別包装にいたしました。それでも集まれば刀談議がしたくて仕方ない会員、先生を囲んで、つい集まりがちですが。注意しましょう!好きな刀継続できるように。

次回日曜練習日 9月13日です。

コロナばっかり

二週間に一度の貴重な練習日。引き締まって集中して練習をしたいのですが。このところコロナの感染者数が増えています。当支部ではマスクの徹底を行うことになりました。斬ったりする時は、仮標相手に一人ですので、感染の心配はありませんが二週間に一度の剣仲間との練習、思わず接近してがありますので、マスクは必携ということになりました。このマスクというもの、筆者は花粉症の時期に常時つけていますがこの暑い夏、剣は集中力を養うはずですが、これがなかなか難しい。

斬り損ない多数であった筆者の言い訳。将棋の最高峰の戦いのときも使用しているようですが、流石に異次元の方たちだと、再認識しました。

このように一日マスク。せっせと手は消毒して、おやつの時間は密にならないように時間差をつけ各自休憩。

本当にうっとおしいこと、思う存分気にせず練習したいものです。

次回練習日は8月22日(土曜日)の予定です