6月2回目の練習日

今日は土砂降りのスタートです。

こんな雨の日でも、会員はいそいそと藁水漬け場所に集合、わらわらと準備しました。12時前には練習会場の小倉公会堂にに移動して、今度は仮標作りを行いました。コロナがまだまだ猛威をふるっています。会員の一人は昨日職場にてコロナが発生したため、練習参加涙を呑んで欠席しました。練習中もできる限りマスクを着用しています。

本日練習2回目の会員。先生つきっきりにて形習得中

 

お久しぶりの女性会員。やはりマスク着用

何やら居合らしきものに挑戦中

抜刀の修練、居合も並行すると、刀を振るという行為全般について基礎をみっちり身につけることができます。これからの人にとって何をやっても、無駄にはなりません。これは制定3本目、受け流しかな?

再開しました

6月14日 練習再開しました。4月の頭に練習して以後、お久しぶりの練習日です。雨が降っていますがムシムシする一日です。エアコン使い、窓を開けての練習です。

さて、本日よりまたまた、支部の平均年齢を下げる会員が増えました。高校二年生です。少々小柄ですが、頑張り屋さんのようです。恒例で先生がつきっきりでの指導です。導入の良否により、あとの刀人生が変わるので!

マスクをしてせっせと仮標作りました。

先生付きっ切り

 

納刀のこのぎごちない感じが懐かしい

さて、半年間ほどお顔を見なかった先生が顔を出してくださいました。体調を崩して療養していらっしゃったそうです。大変スリムになっての登場。少し元気そうで何よりです。

数か月ぶりの練習。身体が悲鳴を上げています。腕よりは背筋がべきべき言っています。ついでに脚も突っ張ります。この結果を鑑みるに、比較的正しい、刀の振りをすることができたような気がします。良きかな

練習後は刀の手入れと同時にしっかり身体もストレッチしましょう。

間もなく再開です

今週の日曜日、6月14日(日)より練習再開します。

長かったですね。暇だったですね。筆者のようにどっぷり暇人は、練習がないと曜日の感覚がなくなってしまいました。

季節の花もすっかりアジサイに移行してしまいました。ということで本日6月9日(火曜日)いそいそと藁の水漬け場に行ってきました。気温と日射時間で藁のつかり具合が変わりますので、今回は火曜日にスタートしてみました。

紫陽花が綺麗です紫陽花が綺麗な色です

ホースで水入れスタート、約25分で満水

藁たちが嬉しそうに?ぷくぷくと水を吸い始めています。明日は水位が下がっているので、水を足してやります。それで完成・あとはじっと待ち、日曜日に斬るだけ

料理みたい。抜刀も創造です。などと判らないことを考えていました。

暑い‼ ひたすら暑い。まだ6月なのに

そういえば稽古着、夏仕様に変えなくては。本当に何か月も休みだったことを実感しています。