お宝 続々。

紫陽花が美しい日曜日。練習に参加したら、先生の新しいお宝がありました。ついこの間、鍔のお宝を掲載した様な気がするのですが、趣味のお宝はきりがないようです。今回は大元、刀本体のお宝です。刃紋(重花丁子)が華やかで美しい。

もう一振り、先生から弟子へ所有が移された、今までの先生のお宝の太刀

藤安将平 作の太刀です。これも刃紋(のたれ)が雄大な一振りです。この二振りは抜刀には使用しません。一度でも斬ってしまうと、汚れや傷がつきます。結果として研ぎのし直しになります。日本刀とは今や芸術品、その美しさを愛でるものです。刀の姿を眺め、刃紋の妙を鑑賞し、肌の美しさを楽しむものです。

でも、我々抜刀人は斬っていますが